消費者金融との違い

消費者金融との違い

お金を借りたいと思った時、今はたくさんの会社があるのでどこから借りたらいいのか迷ってしまうと思います。

銀行・消費者金融・クレジットカード会社と大きく3つに分けられているのですが、この3つの中にもたくさんの会社があるためどこがいいのかメリットやデメリットを考えて借りなければいけません。

どこの会社に申し込みを行ったとしても審査を行わなければなりませんし、金利というものがかかるようになっています。金利がかかるということは毎月利息を支払うということになるのですがこの金利は各会社によって違うといわれています。

消費者金融では低金利になるキャンペーンを行っているときもあるようなので自分で調べてみるといいですね。少しでも低金利のところで借りるほうが返済する時に無駄なお金を使わなくてもいいのでお得です。

消費者金融は昔からお金を貸している会社になるのですが、銀行やクレジットカード会社とどのような違いがあるのかというと、実際にはお金を借りる会社によって違うことというのは金利や返済の金額が違うということだけになります。

お金を借りるまでの流れというのはほとんどが同じ方法になります。返済の金額が違うというのは、毎月必ず返済しなければいけない最低金額が各会社によって違うという意味になります。

借りるまでの会社はほとんど同じ方法になりますが自分が使いやすい会社を選ぶことが一番大事になります。メリット・デメリット以外に使いやすさについても考えるようにしましょう。

どこで借りるのが一番いいのか

どこで借りるのが一番いいのか

お金を貸してくれる会社が増えてきているのですが、たくさんの会社の中から自分で選ばなければいけない場合どこに借りればいいのか悩んでしまう人もたくさんいると思います。

では、どこで借りるのが一番いいのでしょうか?

私はお金を借りたことがあるのですが初めにお金を借りたのはクレジットカード会社です。クレジットカード会社からお金を借りた理由というのはクレジットカードを持っていてキャッシングの機能を付けていたからです。

銀行や消費者金融で一から始めようと思うと審査をしなければいけないので時間がかかると思ったからです。

しかし、銀行や消費者金融でもすぐに審査ができることを知り、クレジットカードでキャッシングをしたら金利が高いということから銀行で借りることにしました。銀行を選んだ理由は金利です。とても低金利だったので借りることにしたのです。

銀行でお金を借りた後、消費者金融のことを調べて最後は消費者金融でお金を借りた理由はキャンペーンをしていてすぐに返済をすれば金利がいらないということを知ったからです。

私はお金を借りてもすぐに返済するようにしていたのでキャンペーンをしている時に借りることにしました。私がお金を借りてきて思ったことは、借りたいタイミングにもよるということでした。

クレジットカードのキャッシング機能は付けていればいつでも使うことが出来ますので便利でした。銀行や消費者金融は審査を申し込まなければなりませんが低金利というメリットがあったのです。

それぞれの会社にメリットとデメリットがあると思います。そして借りたいタイミングによっても変わってきます。その時のタイミングで借りる会社を決めるといいですね。

消費者金融と闇金の違いについて

消費者金融と闇金の違いについて

お金を貸す商売をすると国に登録をしている消費者金融と国に登録をせず法律違反になるほどの金利を請求しているといわれている闇金業者ではどちらからお金を借りたいと思いますか?

私は国に登録をしている消費者金融からお金を借りたいと思います。

闇金業者の方はブラックリストにのった人でもお金を貸してくれることができるのと多重債務者の人にもお金を貸してくれる業者だそうです。

話を聞くだけだととてもいい業者に聞こえると思うのですが、実際にはとても恐ろしい業者なのです。

消費者金融はお金を貸してくれる会社になりますが、金利も法律で決められている上限を守っていますし、前述にもあるように国に登録をして商売をしている会社になります。

審査がありますので誰にでもお金を貸してくれるというわけではありませんが、取り立てで怖い思いをすることもありません。

私は消費者金融でお金を借りたことがあります。少し困っていたときに助けてもらいました。借りてからすぐに返済を始めたのですが滞ることなく完済をすることができたので会社からの連絡は特にありませんでした。

私の友人は闇金業者の人からお金を借りてしまったことにより人生が変わったといっていました。取り立てが怖い時は私にも連絡をしてこず一人で悩んでいたことがあったようです。

闇金でお金を借りるのと消費者金融でお金を借りるのではこんなにも差があるのです。闇金業者の方からも知れないと思った場合は1円も借りることなく話を終わらせるようにしましょう。